口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは

口腔外科とは、「親知らずの抜歯」と「顎関節症の治療」を中心に、お口の周りの病気全般を扱う外科診療科のことを指します。お口の中の腫瘍・炎症はもちろん、骨折の治療や特に難しい抜歯にも対応しています。

口腔外科を併設している歯科医院は少ないため、本来は大学病院で受診する診療科目です。陽まわり歯科クリニックの院長・森山誠士は、歯学部附属病院の口腔外科での長年の勤務経験を持つので、一般歯科など通常の治療で発見された複雑な疾患も、転院することなく治療をお受けいただけます。

親知らず(おやしらず)

親知らずは、前歯から数えて8番目に位置する歯のことで、一般的に18~22歳頃に生えてきます。しかし、人によっては歯肉の中に埋まったまま生えてこないことや、斜めには生えてきたりしてしまうことがあります。そうなると噛み合わせのバランスを崩したり、歯ぐきに食べカスがたまって炎症を起こすなどの症状を引き起こすことがあるのです。そのため場合によっては抜歯が必要になることがあります。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症とは、口を大きく開けるとあごの関節や筋肉に痛みが走ったり、異音がしたり、あごがうまく開かなくなる症状のことです。ストレスや乱れた生活習慣などのさまざまな要因が複雑に絡み合って発症すると言われ、悪化すると会話や食事などに大きな支障をもたらします。当クリニックでは、あごの痛みのある位置、開口障害の程度、関節雑音の有無などを詳しく調べて顎関節症の原因を取り除くための治療を行います。

他の医院で断られてしまった治療でも、お気軽にご相談ください。

千葉県船橋市|診療予約|陽まわり歯科クリニック